[サポートFAQ]
ライン
更新日:2014.06.17 - 情報番号:052151
ライン
Q ATOK Syncアドバンスを無償領域の利用期限後も利用するには
ライン
A FAQ改善アンケートにご協力ください

ATOK Syncアドバンスを利用するには、インターネットディスクのストレージ容量が必要です。アプリケーション無償領域(ATOK Sync アドバンス無償領域)以外のインターネットディスクのご契約がない場合は、期間満了と同時に、ATOK Sync アドバンスの提供は自動終了し、ATOK Syncツールで同期を行うためにサーバーに格納されているデータは削除されます。

ATOK Sync アドバンス無償領域の利用期限後も、引き続きATOK Sync アドバンスを利用する場合は、以下のいずれかの方法を行ってください。

I ATOKをバージョンアップしてATOK Syncアドバンスを利用する場合

【最新のATOK for Macにバージョンアップする】

  • 最新のATOK for Macにバージョンアップして製品登録を行うと、製品登録から12ヶ月間、ATOK Sync アドバンス無償領域が利用できます。
  • ATOK Sync アドバンスを利用しているUser IDにバージョンアップしたATOK for Macが登録されると、無償利用期間は自動的に延長されます。
  • 最新のATOK for Macの詳細についてはこちらを参照してください

【月額制のATOK Passportに切り替える】

  • ATOK Passport契約中は、継続してATOK Syncアドバンス無償領域が利用できます。
  • ATOK Sync アドバンスを利用しているUser IDでATOK Passportの契約を行うと、無償利用期間は自動的に延長されます。
  • ATOK Passportは月額制で常に最新版のATOKをお使いいただけるサービスです。詳細についてはこちらを参照してください

▲ページの先頭へ戻る

II ATOKをバージョンアップせずにATOK Syncアドバンスを利用する場合

【有償コースを契約する】

  • インターネットディスクの有償コースを契約すると、継続してATOK Syncアドバンスが利用できます。

    ※有償コースにお申し込みいただく場合、IDisk Backup 無制限コースのご契約では ATOK Sync アドバンスをご利用になれません。ATOK Sync アドバンスを利用するためには、ストレージ容量があるコースを選択してください。

  • インターネットディスクの有償コースの料金やお支払いについてはこちらを参照してください

【すでに契約しているインターネットディスク領域(一太郎11/一太郎12などの無償領域を含む)を利用する】

  • ATOK Sync アドバンスを利用しているUser IDで、すでに他のインターネットディスクのご契約がある場合(一太郎11/一太郎12などの無償領域を含む)は、アプリケーション無償領域(ATOK Sync アドバンス無償領域)の利用期限終了後もATOK Sync アドバンスを継続して利用できます。
  • お客様がお手続きを行うことなく、継続してATOK Sync アドバンスの利用が可能です。

▲ページの先頭へ戻る

ライン

この情報は、お客様のお役に立ちましたか?

送信
ライン
※本情報の内容は、予告なく変更することがあります。
※本情報の一部または全部を無断で転載及び複写することを禁止します。
※記載された会社名、製品名は、弊社または各社の登録商標もしくは商標です。
弊社の登録商標についてはこちらをご参照ください。