[サポートFAQ]
ライン
更新日:2018.06.28 - 情報番号:053816
ライン
Q 一太郎ビューアをサイレントセットアップしたい
ライン
A FAQ改善アンケートにご協力ください

このFAQは、法人のお客様(企業/官公庁・自治体/教育機関など)で、システム管理者の方を対象としています。

「一太郎ビューア2018」を導入する際、以下の手順で操作すると、セットアップ画面を表示することなくセットアップ(サイレントセットアップ)を行うことができます。

操作は次の流れで行います。

I セットアップを行う前に

II.以降の操作を行う前に、次の点について確認します。

  • 管理者(Administrator)権限でコンピューターにログオンします。

    一太郎ビューア2018をセットアップするには、Administratorsグループに所属しているユーザーや、「コンピューターの管理者」のユーザーでログオンする必要があります。

  • 起動しているアプリケーションはすべて終了します。

    起動しているアプリケーションがある場合はすべて終了してから操作を行います。

▲ページの先頭へ戻る

II サイレントセットアップを行う

以下の流れでサイレントセットアップを行います。

■操作

 「jstv2802.exe」をサーバーにコピーする

ダウンロードページから、一太郎ビューア2018「jstv2802.exe」を任意のドライブ・フォルダーにダウンロードし、サーバーにコピーします。
ここでは、サーバーAに<data>フォルダーを作成し、 <data>フォルダー以下に「jstv2802.exe」をコピーした場合を例に、以降の手順を説明します。

 サイレントセットアップを実行するためのショートカットを作成する

  1. サーバーAの<data>フォルダー内の「jstv2802.exe」の上で右クリックします。
  2. 表示されたショートカットメニューから[ショートカットの作成]をクリックします。

    「jstv2802.exe-ショートカット」*1が作成されます。

    *1OSによっては、「jstv2802.exe へのショートカット」です。

  3. 手順2.で作成されたショートカットの上で右クリックします。
  4. 表示されたショートカットメニューから[プロパティ]を選択します。
  5. [ショートカット]シートを選択します。
  6. [リンク先]で、「jstv2802.exe」の後ろに半角スペースを入力し、続けて「/C:"setup▲ /S"」と入力します。

    【例】\\A\data\jstv2802.exe▲/C:"setup▲/S"

    ※「▲」は半角スペースを表します。スペースキーを1回押してください。
    また、半角アルファベットの大文字・小文字は上記のとおりに入力してください。

  7. [適用]をクリックし、[OK]をクリックします。

 ローカルクライアントBから、サーバーAの「jstv2802.exe」をサイレントセットアップで実行する

ここでは、サーバーAに接続しているローカルクライアントBから、サーバーAの <data>フォルダーにある「jstv2802.exe」のショートカットを呼び出す方法について説明します。
以下の操作はローカルクライアントBでの操作となります。

  1. エクスプローラを起動します
  2. サーバーAの<data>フォルダーを表示します。
  3. -手順2.で作成したショートカットの上で右クリックします。
  4. 表示されるショートカットメニューから[管理者として実行]を選択します。
  5. [ユーザーアカウント制御]ダイアログボックスが表示されたら、[はい]または[続行]をクリックします。管理者アカウント以外でログオンしている場合は、管理者アカウントのユーザー名やパスワードを入力し、[はい]または[OK]をクリックします。

    ※ご使用のOSや設定によっては、[ユーザーアカウント制御]ダイアログボックスは表示されません。6.へ進みます。

  6. 画面には表示されませんが、一太郎ビューア2018のセットアップがはじまります。

▲ページの先頭へ戻る

III こんなときは

【ビューア導入時のログファイルを出力する場合】

-6.で、jstv2802.exeに続けて「▲/C:"setup▲/S ▲/L▲出力先フォルダー名\viewer.log"」と入力します。

※「▲」は半角スペースを表します。スペースキーを1回押してください。

【ビューアを導入完了時、Windowsの再起動を抑制する場合】

-6.で、jstv2802.exeに続けて「▲/C:"setup▲/S ▲/N"」と入力します。

※「▲」は半角スペースを表します。スペースキーを1回押してください。

【ビューアのインストールフォルダーを指定する場合】

※次の設定は、一太郎ビューア2018の古いバージョンが入った環境では利用できません。この設定をご利用いただくには、環境にある一太郎ビューア2018をアンインストールしてから、導入を行ってください。

-6.で、jstv2802.exeに続けて「▲/C:"setup▲/V ▲/SLF <スクリプトファイル>"」と入力します。
詳細については以下の手順で展開されるファイル「TaroViewSetup.htm」を確認してください。

  1. Windowsの[スタート]ボタンをクリックし、[すべてのプログラム-アクセサリ-ファイル名を指定して実行]*1を選択します。

    *1ご使用のOSによっては、[ファイル名を指定して実行]です。

  2. [参照]をクリックし、ダウンロードした「jstv2802.exe」を選択し、[開く]をクリックします。
  3. [ファイル名を指定して実行]ダイアログボックスの[名前]欄で、「jstv2802.exe」の後ろに半角スペースを入力し、続けて「/c▲/t:"展開先のパス"」と入力します。

    【例】\\A\data\jstv2802.exe▲/c▲/t:"\\A\data"

    ※「▲」は半角スペースを表します。スペースキーを1回押してください。

  4. [OK]をクリックします。

    手順3.で指定した展開先へ「TaroViewSetup.htm」が作成されます。

【一太郎ビューア2018が正常に導入できたかどうか確認する場合】

一太郎ビューア2018を起動して、[ヘルプ-バージョン情報]を選択して表示される画面の[バージョン]に「28.0.2.0」と表示されていれば、導入されています。

【一太郎ビューア2018をサイレントでアンインストールする場合】

  1. メモ帳などを利用して、以下の1文を入力します。

    msiexec /qn /x {3ACA00CC-B722-41D9-873C-009EB934E1DC}

  2. 入力したデータをバッチファイル(拡張子「.bat」)として、保存します。

    【例】taro.bat

  3. 保存したファイルを右クリックして表示されるショートカットメニューから[管理者として実行]を選択します。

    サイレントでのアンインストールが始まります。

▲ページの先頭へ戻る

ライン

この情報は、お客様のお役に立ちましたか?

送信
ライン
※本情報の内容は、予告なく変更することがあります。
※本情報の一部または全部を無断で転載及び複写することを禁止します。
※記載された会社名、製品名は、弊社または各社の登録商標もしくは商標です。
弊社の登録商標についてはこちらをご参照ください。