[サポートFAQ]
ライン
更新日:2016.02.05 - 情報番号:055019
ライン
Q アンインストールしても、プログラムが削除できていない
ライン
A FAQ改善アンケートにご協力ください

Windowsのコントロールパネルから削除(アンインストール)しても、プログラムが削除できていない場合、何らかの原因で製品のインストール情報が残ったままになっていることが考えられます。
このような場合は、JSインストール情報消去ツールを使って対処します。

▼注意

削除(アンインストール)するには、「管理者」のユーザーアカウントが必要です。管理者アカウント以外でサインイン(ログオン)している場合は、操作の途中で、管理者アカウントのパスワード、ユーザー名やメールアドレスを入力する画面が表示される場合があります。

■操作

次の流れで操作します。

JSインストール情報消去ツールを起動し、該当製品のインストール情報を消去する

アンインストールできなかった製品のディスクを用意し、ディスクにあるJSインストール情報消去ツール(JSICU.EXE)を使用します。

  1. CD(DVD)ドライブに、削除したい製品のディスクを入れます。
  2. [自動再生]画面が表示された場合は、画面右上の[×]ボタンをクリックして、画面を終了します。

    ※インストール開始画面が表示された場合は[終了]を、使用許諾契約を確認する画面が表示された場合は[同意しない]をクリックします。

  3. エクスプローラーを起動し、画面左側の[PC]*1を選択します。

    *1お使いのOSによっては、[コンピューター]です。

  4. CD(DVD)ドライブを示すアイコンの上で右クリックし、表示されたメニューから[開く]を選択します。
  5. 表示された一覧から、SUPPORTフォルダー*2をダブルクリックします。

    *2製品によっては、各アプリケーション名、またはディスク名のフォルダーにある「SUPPORT」フォルダーになります。

  6. JSICU.EXE」をダブルクリックします。

    ※[ユーザーアカウント制御]ダイアログボックスが表示されたら、[はい]または[続行]をクリックします。
    管理者アカウント以外でサインイン(ログオン)している場合は、管理者アカウントのパスワード、ユーザー名やメールアドレスを入力し、[はい]または[OK]をクリックします。

    ※ご使用のOSや設定によっては、[ユーザーアカウント制御]ダイアログボックスは表示されません。

    JSインストール情報消去ツールが起動します。

  7. [アプリケーション一覧]から、インストール情報を消去する製品(アンインストールしたい製品)を選択し、[消去]をクリックします。

    ※正しくアンインストールできなかった製品だけを選択してください。
    一度に選択できる製品は、1つだけです。

    選択した製品のインストール情報を消去してよいか確認するメッセージが表示されます。

  8. 消去する場合は、[はい]をクリックします。

    インストール情報の消去が開始されます。
    消去が完了すると、完了したことを知らせるメッセージが表示されます。

  9. [OK]をクリックします。

    メッセージが閉じます。

  10. [終了]をクリックします。

    JSインストール情報消去ツールが終了します。

以上で、該当製品のインストール情報は消去されました。
引き続き、次の「 ハードディスクにインストールされたプログラムファイルを削除する」を行います。

ハードディスクにインストールされたプログラムファイルを削除する

ハードディスクにインストールされたプログラムファイルを正しく削除するには、インストール情報を消去した製品を再インストールしたあと、削除(アンインストール)が必要です。

  1. インストール情報を消去した製品の再インストールを行います。

    ※インストール情報を消去した環境のまま、アプリケーションを上書きインストールします。

  2. アプリケーションをコントロールパネルで削除します

▲ページの先頭へ戻る

ライン

この情報は、お客様のお役に立ちましたか?

送信
ライン
※本情報の内容は、予告なく変更することがあります。
※本情報の一部または全部を無断で転載及び複写することを禁止します。
※記載された会社名、製品名は、弊社または各社の登録商標もしくは商標です。
弊社の登録商標についてはこちらをご参照ください。