[サポートFAQ]
ライン
更新日:2017.12.14 - 情報番号:056683
ライン
Q タッチキーボードで日本語入力をオンにできない
ライン
A FAQ改善アンケートにご協力ください

このFAQは、タッチキーボードでご利用のATOK for Windowsシリーズ各バージョンを対象としています。

Windows 10 Version 1709(Fall Creators Update)を適用した環境で、ATOKなどサードパーティー製のIMEでは、タッチキーボードで日本語入力をオンにできないため利用できません。

ATOKなどサードパーティー製のIMEを選択していると、タッチキーボードの表示がMicrosoft IMEと同じにはならないことを確認しています。

■対処方法

タッチキーボードで日本語入力をオンできない現象を回避する更新プログラムが、2017年12月13日に、Windows 10の更新プログラムとしてWindows Updateにて配布されています。Windows Updateを適用して現象が回避できるかお試しください。

このWindows Updateにより、ATOKなどサードパーティー製のIMEを使用するときに表示されるタッチキーボードが変更されました。

タッチキーボード

 

ひらがなと英字の切り替えボタン を、タッチすることでタッチキーボードで日本語入力をオンにできるようになりました。
しかし、次頁ボタン をタッチすると、先頭に表示されている変換候補が選択されていないときも確定される現象を確認しています。
そのため、次頁ボタン をタッチせず、タッチキーボードのスペースキーをタッチして候補を選択してください。

▲ページの先頭へ戻る

ライン

この情報は、お客様のお役に立ちましたか?

送信
ライン
※本情報の内容は、予告なく変更することがあります。
※本情報の一部または全部を無断で転載及び複写することを禁止します。
※記載された会社名、製品名は、弊社または各社の登録商標もしくは商標です。
弊社の登録商標についてはこちらをご参照ください。