Home

Windows版・Mac版のATOKで登録した単語を利用したい

Windows版やMac版のATOKに登録している単語を取り込んで、ATOK for Androidで利用できるようにします。

※パソコンとAndroid端末間での単語ファイルのやりとりには、パソコンとAndroid端末をUSBケーブルでつなぐ方法や、 SDカードに保存する方法があります。USBケーブルやSDカードの使用方法について詳しくは、お使いのAndroid端末のマニュアルを確認してください。

【単語ファイルを作成する】

Windows版やMac版のATOKに登録している単語を単語ファイルとして保存し、Android端末で参照できるようにします。

※単語ファイルの作成方法は、それぞれのATOKのヘルプを確認してください。

【単語を取り込む】

  1. ATOKキーボードの[文字種切替]キー(あA1)をロングタップして、[ATOK設定]をタップします。
  2. [ツール-辞書ユーティリティ]をタップします。

    ATOK辞書ユーティリティが表示されます。

  3. 端末の[MENU]ボタンを押します。
  4. [一括登録]をタップします。

    ファイルを開く画面が表示されます。

  5. 単語ファイルを保存した場所からファイル名を選択し、[OK]をタップします。

    一括登録画面が表示されます。

  6. [登録]をタップします。

    ※文字入力・確定時に自動的に辞書に学習された単語も登録する場合は、[自動登録単語は含めない]をオフにします。

    単語が登録され、結果が表示されます。

  7. [閉じる]をタップします。
© JustSystems
Home

ATOK for Androidで登録した単語をWindows版・Mac版のATOKで利用したい

ATOK for Androidで登録した単語を、Windows版やMac版のATOKで利用できるようにします。

※パソコンとAndroid端末間での単語ファイルのやりとりには、パソコンとAndroid端末をUSBケーブルでつなぐ方法、SD カードに保存する方法があります。USBケーブルやSDカードの使用方法について詳しくは、お使いのAndroid端末のマニュアルを確認してください。

【単語ファイルを作成する】

  1. ATOKキーボードの[文字種切替]キー(あA1) をロングタップして、[ATOK設定]をタップします。
  2. [ツール-辞書ユーティリティ]をタップします。
  3. 端末の[MENU]ボタンを押します。
  4. [一覧出力]をタップします。

    出力先の選択画面が表示されます。

  5. 単語ファイルの保存先を指定し、ファイル名を入力して[OK]をタップします。

    一覧出力画面が表示されます。

  6. [実行]をタップします。

    ファイルに出力され、結果が表示されます。

  7. [閉じる]をタップします。

【単語を取り込む】

作成した単語ファイルをパソコンで参照できるようにし、Windows版やMac版のATOKの辞書ユーティリティを使用して単語を登録します。

※単語の登録方法は、それぞれのATOKのヘルプを確認してください。

© JustSystems
Home

連絡先の内容を取り込む

ATOK for Androidには、「電話帳/ATOKダイレクト」が搭載されています。「電話帳/ATOKダイレクト」はATOKダイレクトのプラグインで、端末にインストールされている電話帳から、名前/住所/電話番号/Eメールアドレスの情報を呼び出すことができます。

※インストールされている電話帳のアプリケーションは、端末によって違います。

  1. パネル切替 をロングタップして、ATOKダイレクト をタップします。

    ATOKダイレクト画面が表示されます。

  2. [電話帳/ATOKダイレクト]をタップします。

    電話帳が起動します。アプリケーションに応じて、入力する情報を選択します。

Google Playでマッシュルーム機能を持つアプリケーションをインストールすると、自動的にATOKダイレクト画面の一覧に表示され、ATOKから呼び出されるようになります。

© JustSystems
Home

辞書に登録可能な語数について知りたい

登録可能な辞書の上限サイズは32KBが目安となります。
ただし、具体的に登録可能な語数は、単語の読みや表記長によって大きく変動するため、一概に語数で表すことはできません。

© JustSystems
Home

トライアル版の辞書を引き継ぎたい

ATOK for Android[Trial]のユーザー辞書は、ATOK for Androidに自動で引き継がれません。トライアル版でユーザー辞書の一覧出力を行ったあと、ATOKに一括登録を行います。

※トライアル版の試用期間が終了しても、辞書ユーティリティは起動することができます。

▼注意

トライアル版を削除すると、ユーザー辞書も削除されます。ATOKに引き継ぎができたことを確認してからトライアル版の削除を行ってください。

■操作

  1. お使いのスマートフォンのホーム画面でアプリケーションバーをタップし「ATOK Trial」アイコンをタップします。
  2. [ツール-辞書ユーティリティ]をタップします。
  3. 端末の[MENU]ボタンを押します。
  4. [一覧出力]をタップします。

    出力先の選択画面が表示されます。

  5. 単語ファイルの保存先を指定し、ファイル名を入力して[OK]をタップします。

    一覧出力画面が表示されます。

  6. [実行]をタップします。

    ファイルに出力され、結果が表示されます。

  7. [閉じる]をタップします。

    引き続き、ATOK for Androidで一括登録の作業を行います。

  8. お使いのスマートフォンのホーム画面でアプリケーションバーをタップし「ATOK」アイコンをタップします。
  9. [辞書・定型文・Myコレ*1-辞書ユーティリティ]をタップします。

    *1お使いのATOKのバージョンが1.1.0以前の場合は、[ユーザー辞書・定型文]です。

  10. 端末の[MENU]ボタンを押します。
  11. [一括登録]をタップします。

    ファイルを開く画面が表示されます。

  12. 単語ファイルの保存先とファイル名を選択し、[OK]をタップします。

    一括登録画面が表示されます。

  13. [登録]をタップします。

    ※文字入力・確定時に自動的に辞書に学習された単語も登録する場合は、[自動登録単語は含めない]をオフにします。

    単語が登録され、結果が表示されます。

  14. [閉じる]をタップします。
© JustSystems
Home

トライアル版の定型文を引き継ぎたい

ATOK for Android[Trial]で登録した定型文は、ATOK for Androidに自動で引き継ぐことはできません。以下の手順でATOK for Androidに登録を行います。

※トライアル版の利用期間が終了しても、定型文ユーティリティは起動することができます。定型文ユーティリティから、メモ帳アプリにいったん貼り付けてから、製品版ATOKの定型文ユーティリティに登録します。

■操作

  1. トライアル版の定型文をメモ帳アプリケーションに貼り付けます。
    1. ホーム画面で、アプリケーションバーをタップし、任意のメモ帳アプリケーションを起動し、新規作成の画面を表示します。
    2. ホーム画面で、アプリケーションバーをタップし、トライアル版ATOKのアイコンをタップします。
    3. [ツール-定型文ユーティリティ]をタップします。
    4. 移行したい定型文をタップします。
    5. 定型文上で長押しし、[全てコピー]を選択します。
    6. 端末の[ホーム]ボタンを長押しし、メモ帳アプリケーションに切り替えます。
    7. メモ帳で長押しし、[貼り付け]を選択したあと、メモを保存します。
    8. 端末の[ホーム]ボタンを長押しし、[ATOK 定型文ユーティリティ]に切り替えます。
    9. 移行したい定型文について、操作4.~8.を繰り返します。
  2. メモ帳アプリケーションに貼り付けた定型文を製品版の定型文として登録します。
    1. 定型文を貼り付けたメモ帳で長押しして、[全てコピー]をタップします。
    2. ATOKダイレクト をロングタップし、表示されたATOKメニューから[ATOKの設定]を選択します。
    3. [辞書・定型文・Myコレ*1-辞書ユーティリティ]をタップします。

      *1お使いのATOKのバージョンが1.1.0以前の場合は、[ユーザー辞書・定型文]です。

    4. 端末の[MENU]ボタンを押して、[新規作成]をタップします。
    5. [定型文作成]の画面を長押しし、[貼り付け]をタップします。
    6. カテゴリーを選択してから、[登録]をタップします。
    7. 端末の[ホーム]ボタンを長押しし、メモ帳アプリケーションに切り替えます。
    8. 上記操作1.~7.を繰り返して、登録します。
© JustSystems
Home

登録した単語をバックアップしたい

登録した単語をバックアップするには、辞書に登録した単語の一覧をテキストファイル(単語ファイル)に保存します。バックアップを復元するには、作成した単語ファイルを辞書に登録します。

※ATOK for Androidでは、学習単語のバックアップを取ることはできません。

【登録した単語をバックアップする】

登録単語のバックアップを取りたい場合は、単語ファイルに出力します。

  1. ホーム画面で、アプリケーションバーをタップし、ATOKのアイコンをタップします。
  2. ATOKホーム画面から[ATOKの設定を変更する]をタップします。
  3. [ツール-辞書ユーティリティ]をタップします。
  4. 端末の[MENU]ボタンを押します。
  5. [一覧出力]をタップします。

    出力先の選択画面が表示されます。

  6. 単語ファイルの保存先を指定し、ファイル名を入力して[OK]をタップします。

    一覧出力画面が表示されます。

  7. [実行]をタップします。

【バックアップを復元する】

  1. ホーム画面で、アプリケーションバーをタップし、ATOKのアイコンをタップします。
  2. ATOKホーム画面から[ATOKの設定を変更する]をタップします。
  3. [ツール-辞書ユーティリティ]をタップします。
  4. 端末の[MENU]ボタンを押します。
  5. [一括登録]をタップします。

    ファイルを開く画面が表示されます。

  6. 単語ファイルの保存先とファイル名を選択し、[OK]をタップします。

    一括登録画面が表示されます。

  7. [登録]をタップします。

    単語が登録され、結果が表示されます。

  8. [閉じる]をタップします。
© JustSystems
Home

登録した定型文の内容をバックアップしたい

お使いの端末を買い換えたりなどするときに、現在の端末のATOKで使用している定型文を、新しく購入する端末のATOKに引き継ぐことができます。
現在お使いの端末と、新しく購入した端末とで、それぞれ次の操作を行います。

【現在お使いの端末で、定型文ファイルを作成する(バックアップ)】

操作
  1. ATOKキーボードの[文字種切替]キーをロングタップし、[ATOK設定]をタップします。
  2. [ツール-定型文ユーティリティ]をタップします。
    ATOK 定型文ユーティリティが表示されます。
  3. 端末の[MENU]ボタンを押して[エクスポート]をタップします。
    出力先を選択する画面が表示されます。
  4. [場所]で、定型文ファイルを出力する場所を選択します。

    ※SDカードを利用できます。

  5. [名前]で、定型文ファイルの名前を確認します。

    ※あとで、新しく購入した端末で定型文ファイルを取り込むときのために、場所と名前は忘れないようにしてください。

  6. [OK]をタップします。
  7. 確認メッセージが表示されるので、定型文ファイルの出力場所と名前を確認し、[はい]をタップします。
    定型文がファイルに出力され、保存を知らせるメッセージが表示されます。
  8. [OK]をタップします。

【新しく購入した端末で、定型文を取り込む(復元)】

操作
  1. ATOKキーボードの[文字種切替]キーをロングタップし、[ATOK設定]をタップします。
  2. [ツール-定型文ユーティリティ]をタップします。
    ATOK 定型文ユーティリティが表示されます。
  3. 端末の[MENU]ボタンを押して[インポート]をタップします。
    ファイルを開く画面が表示されます。
  4. [場所]で、取り込みたい定型文ファイルのある場所を選択します。
  5. フォルダ・ファイルの一覧で、定型文ファイルを選択します。
  6. [OK]をタップします。
  7. 確認メッセージが表示されるので、[はい]をタップします。
    定型文が取り込まれ、結果が表示されます。
  8. 取り込み結果を確認し、[OK]をタップします。
© JustSystems
Home

お試し版の辞書を引き継ぎたい

ATOK お試し版のユーザー辞書は、ATOK for Androidに自動で引き継がれません。お試し版でユーザー辞書の一覧出力を行ったあと、ATOKに一括登録を行います。

※お試し版の試用期間が終了しても、辞書ユーティリティは起動することができます。

▼注意

お試し版を削除すると、ユーザー辞書も削除されます。ATOKに引き継ぎができたことを確認してからお試し版の削除を行ってください。

■操作
  1. お使いのスマートフォンのホーム画面でアプリケーションバーをタップし トライアル版 をタップします。
  2. [ATOKの設定を変更する]をタップします。
  3. [辞書・定型文・Myコレ*1-辞書ユーティリティ]をタップします。

    *1お使いのお試し版のバージョンが1.1.0以前の場合は、[ユーザー辞書・定型文]です。

  4. 端末の[MENU]ボタンを押します。
  5. [一覧出力]をタップします。

    出力先の選択画面が表示されます。

  6. 単語ファイルの保存先を指定し、ファイル名を入力して[OK]をタップします。

    一覧出力画面が表示されます。

  7. [実行]をタップします。

    ファイルに出力され、結果が表示されます。

  8. [閉じる]をタップします。

    引き続き、ATOK for Androidで一括登録の作業を行います。

  9. お使いのスマートフォンのホーム画面でアプリケーションバーをタップし「ATOK」アイコンをタップします。
  10. [ATOKの設定を変更する]をタップします。
  11. [辞書・定型文・Myコレ*2-辞書ユーティリティ]をタップします。

    *2お使いのATOKのバージョンが1.1.0以前の場合は、[ユーザー辞書・定型文]です。

  12. 端末の[MENU]ボタンを押します。
  13. [一括登録]をタップします。

    ファイルを開く画面が表示されます。

  14. 単語ファイルの保存先とファイル名を選択し、[OK]をタップします。

    一括登録画面が表示されます。

  15. [登録]をタップします。

    ※文字入力・確定時に自動的に辞書に学習された単語も登録する場合は、[自動登録単語は含めない]をオフにします。

    単語が登録され、結果が表示されます。

  16. [閉じる]をタップします。
© JustSystems
Home

お試し版の定型文を引き継ぎたい

ATOK お試し版で登録した定型文は、ATOK for Androidに自動で引き継ぐことはできません。定型文ユーティリティから、メモ帳アプリにいったん貼り付けてから、製品版ATOKの定型文ユーティリティに登録します。

※お試し版の試用期間が終了しても、定型文ユーティリティは起動することができます。

▼注意

お試し版を削除すると、定型文も削除されます。ATOKに登録し直したあとで、お試し版の削除を行ってください。

■操作

※以下の操作は、製品版ATOKで文字入力ができる状態で行います。

  1. お試し版の定型文をメモ帳アプリケーションに貼り付けます。
    1. ホーム画面で、アプリケーションバーをタップし、任意のメモ帳アプリケーションを起動し、新規作成の画面を表示します。
    2. ホーム画面で、アプリケーションバーをタップし、お試し版 をタップします。
    3. [ATOKの設定を変更する]をタップします。
    4. [辞書・定型文・Myコレ*1-定型文ユーティリティ]をタップします。

      *1お使いのお試し版のバージョンが1.1.0以前の場合は、[ユーザー辞書・定型文]です。

    5. 移行したい定型文をタップします。
    6. 定型文上で長押しし、[全てコピー]を選択します。
    7. 端末の[ホーム]ボタンを長押しし、メモ帳アプリケーションに切り替えます。
    8. メモ帳で長押しし、[貼り付け]を選択したあと、メモを保存します。
    9. 端末の[ホーム]ボタンを長押しし、[ATOK 定型文ユーティリティ]に切り替えます。
    10. 移行したい定型文について、操作5.~9.を繰り返します。
  2. メモ帳アプリケーションに貼り付けた定型文を製品版の定型文として登録します。
    1. 定型文を貼り付けたメモ帳で長押しして、[全てコピー]をタップします。
    2. ATOKダイレクト をロングタップし、表示されたATOKメニューから[ATOKの設定]を選択します。
    3. [辞書・定型文・Myコレ*1-定型文ユーティリティ]をタップします。

      *1お使いのATOKのバージョンが1.1.0以前の場合は、[ユーザー辞書・定型文]です。

    4. 端末の[MENU]ボタンを押して、[新規作成]をタップします。
    5. [定型文作成]の画面を長押しし、[貼り付け]をタップします。
    6. カテゴリーを選択してから、[登録]をタップします。
    7. 端末の[ホーム]ボタンを長押しし、メモ帳アプリケーションに切り替えます。
    8. 上記操作1.~7.を繰り返して、登録します。
© JustSystems
Home

ATOK Syncを利用して、Windows版やMac版のATOKの登録単語を取り込む

このFAQは、ATOK for Android Ver.1.1.0以上(ATOK お試し版含む)をご利用の方を対象としています。

ATOK Syncを利用すると、Windows版やMac版のATOKで登録した単語を定期的に取り込んで利用することができます。

※ATOK for Androidで利用できるのは登録単語だけです。自動登録単語は対象外です。

▼注意

【ATOK Sync を有効にする】

  1. ATOKキーボードの[文字種切替]キー(あA1)をロングタップして、[ATOK設定]をタップします。
  2. [ATOKクラウドサービス-ATOK Sync]をタップします。
  3. [有効にする]をオンにします。

    [ATOK Sync アカウント設定]画面が表示されます。

  4. Just アカウントに登録しているUser IDまたはメールアドレスを入力し、パスワードを入力します。

    ※User IDは、ジャストシステム製品を初めてユーザー登録したときや、Just MyShopなどのサービスに入会したときに発行される、お客様専用の10桁の番号です。ユーザー登録したときの登録完了画面や登録完了メールに記載されます。パスワードを表示したまま入力したい場合は、[パスワードを表示する]をオンにします。

  5. [サインイン]をタップします。

    認証に成功すると、[ATOK Sync]画面に戻ります。

【単語を取り込む】

単語を取り込む方法を設定し、単語を取り込みます。

  1. 手動で単語を取り込む
    1. [今すぐ更新]をタップします。

      登録単語が更新され、利用できるようになります。

      ※自動で更新されないようにする場合は、[自動更新]をオフにします。

  2. 自動で単語を取り込む
    1. [自動更新]をオンにします。
    2. [更新間隔]で、どれぐらいの頻度で更新するかを設定します。
    3. Wi-Fi に接続しているときだけ更新したい場合は、[Wi-Fi 接続時のみ実行]をオンにします。

      設定した間隔で自動で登録単語が更新されるようになります。

※ATOK Syncで共有した単語を確認したい場合は、[共有した単語の確認]をタップすると一覧を表示することができます。

© JustSystems
Home

最新の単語を利用できるようにする-ATOKキーワードExpress-

このFAQは、ATOK for Android Ver.1.2.0以上(ATOK お試し版を除く)をご利用で、かつ、ユーザー登録がお済みの方を対象としています。

「ATOKキーワードExpress」とは、大きなニュースや話題に付けられる名称、新しく発売された製品名などの新しいキーワードが配信されるサービスです。配信を受け取ると、変換時に利用できるようになります。

※ATOK キーワードExpressは、ユーザー登録済みのお客様向け配信サービスです。ご利用いただく場合は、Android版 ATOKのユーザー登録をお済ませください。ユーザー登録の流れについては、こちらを参照してください
ATOK Passport版、ATOK Passport版 Proをお使いの場合は、ATOK Passportをご契約いただいているため新たな登録は不要です。

【ATOKキーワードExpressを有効にする】

  1. ATOKキーボードの[文字種切替]キー(あA1)をロングタップして、[ATOK設定]をタップします。
  2. [ATOKクラウドサービス-ATOKキーワードExpress]をタップします。

    ATOKキーワードExpress画面が表示されます。

  3. [有効にする]をオンにします。

    ATOKキーワードExpress アカウント設定画面が表示されます。

  4. Just アカウントに登録しているメールアドレスまたはUser IDを入力し、パスワードを入力します。

    ※User IDは、ジャストシステム製品を初めてユーザー登録したときや、Just MyShopなどのサービスに入会したときに発行される、お客様専用の10桁の番号です。ユーザー登録したときの登録完了画面や登録完了メールに記載されます。
    パスワードを表示したまま入力したい場合は、[パスワードを表示する]をオンにします。

  5. 画面下側の[サインイン]をタップします。

    認証に成功すると、ジャンルの選択画面が表示されます。

  6. 一覧でキーワードを受信するジャンルを設定して[OK]をタップします。

    ATOKキーワードExpress画面に戻ります。

  7. [更新を通知]で、キーワードの更新時に通知をするかしないかを設定します。

ATOKキーワードExpressでキーワードを受信しないようにするには、操作3.で[有効にする]をオフにします。特定のジャンルのキーワードを受信しないようにするには、操作7.でジャンルをタップしてオフにします。

【キーワード受信の設定をする】

キーワードを手動で受信するか、自動的に受信するようにするかで操作が異なります。

  1. 手動でキーワードを受信する
    1. ATOKキーワードExpress画面で、[今すぐ受信]をタップします。

      自動で受信しないようにする場合は、[自動受信]をオフにします。

  2. 自動でキーワードを受信する
    1. ATOKキーワードExpress画面で、[自動受信]がオンになっていることを確認します。
    2. [受信間隔]で、キーワードを受信する頻度を設定します。
    3. Wi-Fiに接続しているときだけ受信したい場合は、[Wi-Fi接続時のみ受信]をオンにします。

※前回受信したキーワードの一部は、次の操作で確認できます。

  1. ATOKキーワードExpress画面で、[ジャンルの選択]をタップします。
  2. ジャンルをタップし、端末の[MENU]ボタンを押して[前回受信したキーワード]をタップします。
© JustSystems
Home

辞書をダウンロードして利用する-ATOK拡張辞書-

このFAQは、ATOK for Android Ver.1.2.0以上(ATOK お試し版含む)をご利用の方を対象としています。

「ATOK拡張辞書シリーズ」は、ATOK for Androidに追加することで各分野でよく使われる言葉が簡単に変換できるようになる便利なサービスです。ATOK拡張辞書をダウンロードすると辞書が追加され、ATOKで使用することができます。

※設定できるATOK拡張辞書の数は以下のとおりです。

手順1:ATOK拡張辞書を追加する

  1. ATOKダイレクト をロングタップし、[ATOKの設定]をタップします。
  2. [辞書・定型文・Myコレ-ATOK拡張辞書]をタップします。

    ATOK拡張辞書画面が表示されます。

  3. [マーケットで探す]をタップします。

    Google Playの画面が表示されます。

  4. 一覧から使用したい辞書を選択し、インストールします。
  5. インストールが完了したら、上記操作1.~2.を行い、再度ATOK拡張辞書画面を表示します。

    インストールした辞書が一覧に追加され、変換に使用できるようになります。

手順2:ATOK拡張辞書の設定を変更する・情報を確認する

設定したATOK拡張辞書は、変換に使用しないように設定を解除したり、優先度を変更したりできます。辞書の詳細情報を確認することもできます。

【設定を解除する】
  1. ATOKダイレクト をロングタップし、[ATOKの設定]をタップします。
  2. [辞書・定型文・Myコレ-ATOK拡張辞書]をタップします。

    ATOK拡張辞書画面が表示されます。

  3. 一覧で、設定を解除したいATOK拡張辞書をロングタップします。
  4. [削除]をタップします。

    削除を確認するメッセージが表示されます。

  5. [はい]をタップします。

    選択したATOK拡張辞書が一覧から削除され、変換に使用されなくなります。

    ※再度使用するには、[ATOK拡張辞書]画面で[一覧から追加]をタップして、設定する辞書を選択します。

【優先度を変更する】
  1. ATOKダイレクト をロングタップし、[ATOKの設定]をタップします。
  2. [辞書・定型文・Myコレ-ATOK拡張辞書]をタップします。

    ATOK拡張辞書画面が表示されます。

  3. 一覧で、優先度を変更したいATOK拡張辞書をロングタップします。
  4. [優先度を上げる]または[優先度を下げる]をタップします。

    選択したATOK拡張辞書の表示順が変更され、変換時の優先度が変更されます。

【情報を確認する】
  1. ATOKダイレクト をロングタップし、[ATOKの設定]をタップします。
  2. [辞書・定型文・Myコレ-ATOK拡張辞書]をタップします。

    ATOK拡張辞書画面が表示されます。

  3. 一覧で、情報を表示したいATOK拡張辞書をロングタップします。
  4. [詳細情報]をタップします。

    選択したATOK拡張辞書の情報が表示されます。

© JustSystems
Home

「メールアドレス(User ID)またはパスワードが正しくありません。」と表示されてATOK Syncを有効にできない

ATOK Syncが利用できない場合は、以下の内容を確認します。

【Windows版やMac版のATOK 2011以降のATOKで、ATOK Sync アドバンスの初期設定が完了しているか】

ATOK for AndroidでATOK Syncアドバンスを利用するには、Windows版やMac版のATOK 2011以降のATOKで、ATOK Sync アドバンスを利用している必要があります。
ATOK Sync アドバンスのご利用については、こちら(PC用サイト)を確認してください

【メールアドレスを入力している場合は、User IDを入力してどうか】

User IDが分からない場合は、User IDの検索のページ(PC用サイト)で確認します

【パスワードを再設定してどうか】

パスワードの変更方法については、次のFAQを確認してください。

パスワードを忘れてしまった(PC用サイト)

© JustSystems
Home

ATOK Syncで取り込んだ単語が表示されない

ATOK Syncを使って取り込んだWindows版やMac版のATOKの登録単語が表示されない場合は、次の内容を確認します。

【ATOK Syncを有効にしたATOKを利用する設定になっているか】

ご利用環境によっては、「ATOK お試し版」や端末プリインストールされているATOKなど、複数のATOKが存在する場合があります。
ATOK Syncを有効にしたATOKが選択されていることを確認してください。

確認方法は、次のFAQを確認してください。

ATOKの入力パネルが表示されない

【単語が正常に取り込めているか】

  1. ホーム画面で、アプリケーションバーをタップし、ATOKのアイコンをタップします。
  2. [ATOKの設定を変更する]をタップします。
  3. [ATOKクラウドサービス]をタップします。
  4. [共有した単語の確認]をタップします。

    単語が取り込めていない場合は、[ATOKクラウドサービス-今すぐ更新]をタップします。

※ATOK for Androidで利用できるのは登録単語だけです。自動登録単語は対象外です。

© JustSystems
Home

ATOK キーワードExpressを有効にしても利用できない

ATOK キーワードExpressを有効にすると、以下のようなメッセージが表示され利用できない場合、ご登録のメールアドレスで複数のUser IDを所有していることが考えられます。

■対処方法

複数所有されているUser IDを統合することで、ATOK キーワードExpressをご利用いただけます。
こちらより所有されているUser IDを確認後、ユーザー登録ご相談窓口にUser IDの統合についてお問い合わせください。

© JustSystems
Home

Android2.2端末でATOK Syncが利用できない

このFAQは、Android2.2端末をご利用の方を対象としています。

Android2.2端末にてATOK Syncの有効化を行う際、「通信中に原因不明のエラーが発生しました」と表示され、サインインができない現象を確認しています。
2014年10月末に、SSL3.0の通信の一部において、脆弱性の問題が報告され、SSL3.0を採用しているWebサービスでは、その強化対策が行われています。ATOK Syncについても同様に、SSL3.0の通信に関して暗号化の強化を行いましたが、AndroidOSの仕様上、Android2.2以下の環境では、その暗号化の仕組みに未対応のため、2014年10月末以降はATOK Syncをご利用いただくことができません。

■対処方法

Android2.2環境では、ATOK Syncを介さず単語ファイルを使用する方法でご利用いただく方法となります。詳しくは、以下のFAQを参照してください。

Windows版・Mac版のATOKで登録した単語を利用したい

© JustSystems